信用情報機関に登録

キャッシングを申し込みすると、信用情報機関に登録が行われます。
これはキャッシングの利用を開始する時ではなく、申し込みを行う事で信用情報機関に登録が行われるのです。
但し、申し込みを行って審査に通らない場合でも、その情報はそのままになりますし、審査に通り、キャッシングの利用開始を行っても、その登録はそのままの状態になります。
キャッシングは、幾つかの金融会社に断れることでこの信用情報は新たな登録が行われていきます。

しかし、5社目で断れることで申し込みブラックと言う形になるのが特徴です。
ブラックリストと言う言葉が在りますが、ブラックリストと言うものが在るのではなく、この信用情報に事故歴として記録されている事をいみしているのです。
ブラックリストはブラックの状態の事を意味しており、信用情報の中に事故歴が記録されることでブラックの状態になります。

ブラックの状態になれば、新たな借り入れを行う事は出来なくなります。
と言うのも、金融会社はキャッシングの申し込みに来た人の信用情報の照会を行うからです。
信用情報は全ての金融会社が情報の閲覧を可能にしていますので、どの会社でキャッシングの申し込みを行っても審査に通る事は在りません。
そのため、キャッシングを利用する場合は、事故歴と言うものが登録されていない状態を維持していかなければならないのです。

尚、キャッシングでは返済が必要になりますが、返済の期日が遅れてしまうことで遅延損害金が発生します。
遅延損害金を支払う事でも事故歴として登録されることになるのです。

プロミス情報室〜店舗、金利、審査、返済、借入なら知りたい情報が手に入る!

Copyright(C)2013 プロミス金欠大学院 All Rights Reserved.